2015年03月04日

使い勝手が命です。手帳買い換え!


上が旧手帳で下が新手帳


色々考えて買ったつもりの今年の手帳ですが、早々に買い換えました。

変更理由
・思ったより仕事復帰が早く、限られた時間でTODO管理をするのに手帳の重要度が増した
・母子手帳と同じA6サイズにしてみたら、A4プリントを四つ折にして挟むことができずうっとおしかった
・雑に大きく書きたい性格なので、上手に書けなくてストレス
こんな感じです。

手帳の項目分けスタイルは気に入ってるので、全く同じものでサイズアップ。
ついでに4月始まりにしました。
色が違うのは、単に同じ色がなかったから。

些細なことですが、物凄く快適になりました。



手帳の詳細はこちら
2015手帳選び
http://e193.dgblog.dreamgate.gr.jp/e115344.html
  


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 20:16Comments(0)社長の仕事術

2014年02月01日

簡易 家オフィス





左はノートで右はタブレット。
タブレット結構使えます、書記しなくてもいい打ち合わせならタブレットだけで十分かも。  


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 17:59Comments(0)社長の仕事術

2012年01月11日

今年の手帳

今日の夜、雪の予報が出ているみたいですね。
足元が、寒い・・・

さて、今年の手帳



バーチカル。

当時よくお仕事をしていたHさんが、
バーチカルの手帳をとても使いやすそうにしていたので
まねっこで使い始めたのが去年。

今年はどうしよう・・・レフト式に戻そうか・・・と悩んだのですが
最終的にこの手帳にしました。

理由としては
・日ごとの自由欄が縦長で大きい
・一日の横幅もまあまあ
・上記の条件をクリアしつつ去年の物よりちょっと小さいB6サイズ

私は時間軸管理はそれ程必要ありませんが、時間の使い方が下手です。
むしろ毎日のTODO管理を手帳でしたいと思ってました。
忘れっぽいので予定欄とTODOが別のページだと絶対見なくなるのもわかっています。

レフト式でもTODO管理はできるのですが、日ごとというより週ごとになります。

だらだらと一日を過ごさないために、
2012年のTODOは日で管理したいなあと思って
片っ端からバーチカルの見本を見ていたら
この手帳に出会ったのです。

ロフトやハンズでは「コーテッド」とメーカー名が書かれてるはずです。
大ゴマの予定が入りやすい土日は小さくても問題なし。
その分、平日の欄が大きく、TODOもたっぷり。
付箋を貼るにもやりやすいです。

通勤用の小さいバッグに入るので、
持ち歩きもしやすいです。


手帳を持ち始めた大学生の時。
予定を埋めるのが楽しくて仕方なかった。

通学の最中、電車の中で手帳を広げて予定を書き、
お小遣い帳をつけ、シールやプリクラをベタベタ貼ってました。
手帳が埋まっている事イコール生活が充実してると思っていました。

新しい手帳を手に入れる時、当時の気持ちをいつも思い出します。

  


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 18:21Comments(2)社長の仕事術

2010年12月16日

来年の手帳を購入

ここ10年くらいシステム手帳を使ってたんですが、
来年は色々新しくしてみよう!と思ってブックタイプの手帳を購入。



大好きなオレンジ色♪



今年のバイブルサイズから、少し大きくしてA6の手帳です。
スケジュールだけじゃなく、ミーティング等でもノート代わりに使う予定。

ペンは3色ボールペン。
色をカスタマイズできるタイプのもので、油性ブラック、ゲルインキブルーブラック、ゲルインキオレンジが入ってます。
仕事、プライベート、重要な項目ごとに色を分けて書く予定。





手帳の形式も、学生時代から愛用していたレフト式をやめて、
バーティカルタイプに変更してみました。

レフト式に不満はなかったものの、取引先のHさんが使っていた手帳が
とても使いやすそうだったので心機一転を兼ねてまねっこさせていただきました♪

手帳を用意すると来年も頑張ろうという気持ちになりますね!  


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 23:52Comments(0)社長の仕事術

2010年03月10日

伝わったはず、小人が出てきて夜やってくれる気がする・・・

「いや、それ今やらないと」

「ほうれんそうを意識して」

「それじゃ駄目だろ」

就職して最初の数年は、手取り足取りだれかが確認してくれます。
でも、いい年した社員に細かい指示はかえって失礼、静かに「できない人」になっていく・・・

言ったつもり、伝わったはず、多分やってくれる、きっとなんとかなる、小人が出てきて夜やってくれる気がする・・・気がかりなくせに、その気持ちを打ち消して忘れたフリをしている、つまり本当は気付いている。

私の仕事のバイブル「なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣」にはこう書かれています。


難問の山に含まれるものの大部分は、長く放っておくうち、どこかへ消えてしまうだろう。しかし、絶対に起こってほしくない問題こそが、必ず起こる問題なのだ。
(中略)
問題が小さいうちに取り組む習慣を身につければ、それが大きくなって、解決に時間のかかる危険なものになる前に片付ける事ができる。
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 ケリー・グリーソン (著), 楡井 浩一 (翻訳)


・保留にしたままになっている案件の山。
・誰の対応分か良くわからないから放置したメール。
・自分の言葉が正しく伝わったかどうかを確認せず「大丈夫だろ」。
・動いているプロジェクトの中で感じる違和感。

小さなシグナルをどう受け止めて対処するか。
本当に仕事のできる人は、こういう所が本当に上手。

私も意識して頑張ります。



.☆.。.:*・.☆.。.:*・.☆.。.:*・.☆.。.:*・

ランキング参加中。1クリックお願いします♪

  にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ  ビジネスブログ100選

.☆.。.:*・.☆.。.:*・.☆.。.:*・.☆.。.:*・  


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 20:19Comments(2)社長の仕事術

応援クリックお願いします♪