2010年03月04日

一人ひとり違ってて当たり前

昨日は初節句の姪っ子のいる妹の家に顔を出して、
同じく来ていた母からちらし寿司をもらいました。
先日買ってきたしじみ(本当ははまぐりですが)のお吸い物で、私もひなまつり気分。

桜餅は道明寺と長命寺があります。
道明寺を「桜餅」だと思っていた私。
転校先の茨城県でだされた長命寺な桜餅を見て「偽物だ!」と思いながらも、
誰にも何も聞けず黙って食べたのを覚えてます。
子供は、生まれながらの習慣以外は「そんなのないよ!」「変だよ!」となることが多いのであまり周囲に聞けないんですよね。
何度も転校している子供の習慣です。

今はインターネットで検索すれば、地域差なども含めてわかるので本当に便利。

神楽坂のオフィスは静岡以西の出身者が圧倒的に多く、地域の習慣の違いや方言が話題になる事が多いです。
一人ひとり違ってて当たり前、という事を実感します。


タグ :ブログ

同じカテゴリー(ブログ)の記事
12th Anniversary
12th Anniversary(2015-04-06 00:45)

色彩は自然の中に
色彩は自然の中に(2015-03-24 07:13)

トムヤムラーメン
トムヤムラーメン(2015-03-20 12:42)


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 14:24│Comments(1)ブログ

応援クリックお願いします♪

この記事へのコメント
お便りします。食文化は各地で違いますね。
桜餅の和菓子としての特長は、塩漬け醗酵桜葉の醸しだす香りと風味です。
それを考案した江戸向島山本が桜餅の元祖で、それが関西に伝わり、
桜葉に包まれた餅部分を、それまで椿餅に使われていた道明寺餅に変えたのが、道明寺桜餅だそうですよ。
Posted by あいこう at 2010年06月07日 16:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。