2011年01月31日

1月30日(日) ニッポン全国鍋合戦



毎年恒例「彩の国鍋合戦」が「ニッポン全国鍋合戦」と名前を変更しました。
私は3回目の参加、年々人が増えています。

会場入りした瞬間は去年に比べ、人が少ない?と思ったんですがそれはスペースが倍に増えたから。
去年よりゆったり食べられるようになりました。

参加者は各チームに分かれて鍋を作り、来場者は300円くらいで購入し、食べる。
食べた器と交換で投票チケットがもらえて、投票するという形式。
連続優勝すると殿堂入りになったりして、B-1選手権に似たルールです。

◆ごめんケンカシャモ鍋



前回1位のシャモ鍋。
スタッフは坂本龍馬風コスプレw

呼び込みの「龍馬が最後に食べたかった軍鶏でーす」に笑ってしまった。
食べられなかった、と言おうとして言い間違ったみたい・・・

軍鶏の味がしみこんだ鍋は風味抜群。
軍鶏って身は固いけどいい味してるんですよねえ。


◆期間限定!新そばすいとん汁



大きめ野菜がうれしい鍋。
後のせのゆずの香りがほわーん。

すいとんは地方や家庭により色々違いますが、
こちらは新そばをつかっっていて、固めの手びねりのパスタっぽい形です。


◆鶏屋の鶏すき鍋(肉屋鶏男)



すき焼風の割り下の甘い味がする鍋。たっぷり葱もすき焼きっぽい。

鶏のすき焼きって食べたことがないんですが、こういう味がするんですね。
鶏モツ、鶏肉が入っていて鶏好きにうれしい感じです。

鍋合戦の特徴というか、飲食イベント全てそうですが
つゆも飲んでしまわないと始末に困るんですよね。
割り下の甘い味を飲み干すのはきつい人もいたかもです。
私はおいしくいただきました♪


◆八郷名物しし鍋



八郷が鍋合戦に参加してる!・・・と八郷を知る私には衝撃だったのですが。
メニューがしし鍋と聞いてさらにびっくり、確かに猪が出そうな場所ではあります。

私は猪肉は初挑戦でしたが、
猪の姿からイメージする獣くささなどはなく、豚と牛の中間のような味です。

猪と八郷のことばかり考えて食べていたので
あまり説明できなくて申し訳ないのですが・・・


◆黒豚とキャベツのトローリ鍋



キャベツと豚のシンプルな見かけの塩味鍋。
キャベツは蒸して甘くなったものを使ったり、器の底にキムチを隠していたり
黒豚は焼いてから入れたり、全ての材料をその場で合わせたりと工夫されてます。


かき混ぜるとキムチの味と色が全体に行き渡る


黒豚の鉄板のあたたまりが悪かったみたいで、客さばきがよくなかったのが残念ですが
シンプルでおいしくて、何杯でもいけそうだと思いました。
私好みの味で、今回はこれが一番でした★

あまりにおいしかったので、おかわりしたのは秘密(ノ∀`)タハー


ひととおり鍋を食べたら、会場の外側にあるアンテナショップでお買い物。


甘酒で体をあたため・・・



和光市関連のイベントではいつも行列の久保精肉店でお惣菜購入


私はハムカツのファン



秩父の「たらし焼き」なるものを食べてみる


味噌味が新しい


おやきとお好み焼きともんじゃ焼きの中間?チチミの和風版?おいしいです♪


いつもの事ですが、おみやげたっぷりで帰ってきました(ノ∀`)タハー


鍋合戦は午後2時までのため、来場者のピークはお昼くらいです。
今年はピークより少し早く到着したので楽々食べられました。

埼玉県民にも、東京都民にも知名度がイマイチの和光市ですが、
鍋合戦で全国に名を馳せて欲しいものです。

がんばれ和光市!



同じカテゴリー(ブログ)の記事
12th Anniversary
12th Anniversary(2015-04-06 00:45)

色彩は自然の中に
色彩は自然の中に(2015-03-24 07:13)

トムヤムラーメン
トムヤムラーメン(2015-03-20 12:42)


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 13:00│Comments(0)ブログ

応援クリックお願いします♪

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。