2012年08月11日

オリンピック中心にちょこちょこ

オリンピックも終盤ですね・・・

後半はかなり無理して夜更かししたり、早起きしたりして
疲労がたまっております・・・
お盆休みで回復させないとね。

■サッカー
私は、思わず夢見てしまった・・・
アベックでの金メダル。

そんな夢見てるから負けるんだよ!と言われそうだけど
一瞬思ってしまった。儚い夢でした。

女子決勝は素晴らしい試合でした。
アメリカと日本はいつの間にかライバルというにふさわしい関係になってました。
W杯とオリンピックが同じカードで、
それぞれ勝ちを分けて。

もちろん日本が勝ったほうがうれしいけど、
最後の最後に「泥臭いのがなでしこです」と
1つ高みにたった選手の表情が美しくて、
勝ち以上の何かを手にしたんだと感じました。

男子は最後にメキシコ・韓国と高い壁に当たった感じ。
中盤と前線の分断、ディフェンスラインの乱れからの守備崩壊。
上には上がいるなあと思わされる試合展開でした。
日本のサッカースタイルはかなり研究されていたんだと思います。

毎回、賛否両論のオーバーエイジ枠ですが、
今回はぴたりとはまったと感じました。
選手・コーチ・フロントあってのチームです。
こういう所がうまくいくようになったのは、日本の1つの進歩かも。

関塚さんおつかれさまでした。


■レスリング
小原選手の金は本当に感動した。
とうとう出たオリンピックで取った金メダル。

マイナースポーツはオリンピックでメダルを取らないと
なかなか世間が評価してくれない。
世界選手権で連覇しても当たらないスポットライト。
苦悩は計り知れないと思いました。

伊調選手、吉田選手は別次元の強さでした。
前のオリンピックよりも常にレベルアップし続ける・・・。

■柔道
今大会、男子は「金メダル以外は負け」と言われ続けたという話です。

メダルを首から下げながら「負けてすみません」と叫ぶ選手は痛々しくて。
いったい何に向かって詫びているんだろうと思いました。

対照的に、女子選手は勝ちでも負けでも自分の事を自分の言葉で話していました。
勝ってうれしい・負けて悔しいという感想に共感し、素直に応援したくなります。

試合後のインタビューで男女の明暗が鮮明に表れた気がしました。

日本の柔道、世界のJUDOと言われます。

JUDOはルールの変更も多いし、判定方法も試行錯誤中。
スポーツとしてまだまだ発展途上なんだと思います。

ダーウィンの進化論に、
変化に適応した種が残る、というのがあります。
北京オリンピック以降、日本の男子柔道はJUDOのすすむ道から少し外れてしまっているように思います。


■F1
2012年シーズンは異例の長期夏休みですが
これってオリンピックの影響なんですかね?

■仕事など
来週商品撮影をするので、その準備にバタバタしています・・・







同じカテゴリー(ブログ)の記事
12th Anniversary
12th Anniversary(2015-04-06 00:45)

色彩は自然の中に
色彩は自然の中に(2015-03-24 07:13)

トムヤムラーメン
トムヤムラーメン(2015-03-20 12:42)


Posted by マトバ(APRICOTWEB) at 13:37│Comments(2)ブログ

応援クリックお願いします♪

この記事へのコメント
こんにちは。
男子サッカーは気迫の違いもあったように見えます。
韓国の選手はメダル獲得なら兵役が免除ですからね…
Posted by koto at 2012年08月11日 15:06
コメントありがとうございます。
気迫の違いも感じましたね・・・
「日本に勝ってメダルを!」っていうのも韓国にとっては
モチベーションを保つの1つ要素になってしまいました。
Posted by マトバ(APRICOTWEB)マトバ(APRICOTWEB) at 2012年08月11日 18:19
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。